【英語の学習】精読しかやならい人は損!?多読をやる意味を検証

最近は多読関連の記事を書いてきましたが、

そもそも「多読ってやらないとダメなの?」と、

多読の必要性に対する疑問の声もちらほらあったことから、多読・精読のそれぞれの役割について整理しておこうと思います。

まず結論からいうと、多読はやったほうがいいと思います。精読・多読とそれぞれがちゃんと意味があるので、どちらかでいいというふうには考えないかな。

スポンサーリンク

精読と多読 それぞれの役割

精読は正確に読むため

精読は、1文1文を正確かつ丁寧に読んでいくことで、これは受験に対応できる力をつけるには欠かせないスキルです。

入試問題の読解問題においては、本文中の設問に関する箇所選択肢を正確に読む必要があります

和訳問題も、精読をしてそれを自然な日本語にしてアウトプットするので、当然、構文を見破れなかったり読み間違えたら点を落としてしまいます。

精読ができる、つまり文章の詳細まで正しく理解することは、合格への絶対条件となります。

多読は英語脳をつくるため

一方で多読は、正確な訳など、細かいことは気にしません。辞書も引きません。話の中身を楽しみながら、ひらすら量をこなしていきます。(中学レベルの英文法が身についていることが前提です)

多読を行い英文の量をこなすことで、いちいち日本語を介さずとも英語を英語として読めるようになります。いわゆる「英語脳」ってやつです。(詳しくは後述しています)

ちなみに、ここで言う多読はいわゆるSSS方式(Start with Simple Stories)という、簡単な絵本からたくさん読むやり方なのですが、

とりあえず100万語をめざす!のが目標になっています。どれくらい読めばいいのかというと、本のレベル(語数)にもよりますが、だいたい200冊+α数十冊くらいです。

多読の効果がすごい!入試でも役立つ多読のメリット

・文法は一通り分かっているのに、英文を読むのがなんか苦手。
・過去問の英文を最後まで読み終えるまで気力・集中力がもたない。
・話の流れがわからない
・読むのがおっそい

上記に当てはまるものはありませんか?

これは多読で克服できるんです。

まず前提として、英語を使えるようになるにはたくさんの量の英語を読む必要があります

しかし私たちは、

学校の英語の授業は、英文の訳を確認しながらちょっとずつ内容を進めていく精読が主です。自習でも、精読が中心になっているのではないでしょうか?

つまりは、英語は毎日勉強しているけれども、実のところ英文に触れる量が足りていないのです

そのため
文法などを気にして読んでいるので、どんな話だったのかがつかめない…。
英語を読む体力が付いておらず、長文読解問題の英文を読むのがしんどい…。
という状態に悩んでいる人は多いのではないかと思います。

それを解消してくれるのが多読です。

それでは、多読のメリットを2つほど具体的に紹介します。

スポンサーリンク

①英文を読むスピードが速くなる

精読をしていると、単語の意味や文法事項などの表面的な部分に関心が行きがち。

うまく意味がとれないから一度読み返す・・・なんて調子で読んでいたら、入試本番で時間が足りなくなってしまいます。

それを、多読で読みやすい本を大量に読むことで、英語を日本語に置き換えることなく読めるようになります。そうすると、日本語に置き換えたり返り読みすることがないので、その分速く英語を読めるようになります

多読は自分にとって簡単と思える本から始めます(絵本から読むことを推奨しています)。絵があったほうが映像として内容が入ってきやすくなるので、日本語が入る余地が少なくなります。

〈多読経験者の声〉

直読直解率があがった

スタートしたばかりのときに、否定疑問文になると、否定のニュアンスが英語のまま理解できないことに気がつきました。(かなり愕然としました。)

特に、Why didn’t you~ などと疑問詞が入ると、もうお手上げでした。

しかし、それも語数を重ねるうちに、かなりニュアンスがとれてきて、70~80万語の頃には、もう大丈夫、となりました。

引用SSS英語多読法による百万語読書達成者 – SEG

英文のリズムに導かて読むクセと
日本語を介さず場面をイメージするクセがついた

前は、いちいち構文を確かめ、日本語を介しながら読むことが多かったのですが、多読をすすめるうちに、句や節単位でさっと把握し、文のイメージが自然に浮かんでくるようになりました

引用SSS英語多読法による百万語読書達成者 – SEG

②英文の内容を楽しめるようになる

多読では、文法・単語に悩まされない程度の難易度の本を読むので、その分内容に没頭することができます。

「英語の勉強」としてではなく、純粋に読書を楽しめるようになるのです。これって素晴らしいことじゃないですか(^ ^)!

読書として英文に触れていると、内容を追いかけるようになり、話の概要を理解しようと意識が向くようになります

そのうち過去問でも文章の内容を楽しめるようになるかもしれませんね。実際、入試の長文読解の英文って、いい文章がけっこうあるんですよ♪

楽しみながらたくさん読むことでいつのまにか英語を読む基礎体力がつくので、そこそこ分量のある過去問の英文も、読むことが苦じゃなくなってきまよ。

志望校の入試問題の英語量に圧倒されている人は特に、多読はおすすめです。

〈多読経験者の声〉

100万語通過まで、とうとう辞書は一度もひきませんでした!

辞書をひかず、わからないところは飛ばして読むことで、英文の流れとリズムにのることができ、辞書をひかずに読む快適さを覚えました。

また、わからない単語も、読み進むうちにわかってきたり、読み進んでも
わからないものはあまり重要な単語ではないのだから、読み飛ばしても
大丈夫なんだ、ということもだんだんわかってきました。

引用SSS英語多読法による百万語読書達成者 – SEG

本を自分にあったものを選べることができれば、確実に英語力がつきます。

こちらの記事も参考に、ぜひ多読をやってみてください♪

【英語の勉強】言語学者が力説!「多読で劇的に英語を伸ばせる」
【英語】多読が続かない⁉ 挫折しちゃうパターンのあるある3つ
英語多読!無料で読めるサイトOxfordOWL

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする