【英語の勉強法】夏休みに塾の夏期講習会をとるべき⁉ 受講の意義と注意点とは

夏ですね。そろそろ夏期講習会が始まっているところもあるでしょう。

そこで話題になるのが、「夏期講習会は申し込んだほうがいいの?」ということ。「講習会を受けたほうがいい気もするけど、独学でなんとかなるような気もする。。」と、塾生でなくても、迷っている人もいるのではないでしょうか。

人によって受講理由は様々だと思います。

「ダレないように」「生活リズムを維持する」←いい心構えです。

「(好きな)先生に会いたい」←たのしそうですね、うらやましい(笑)

「なんとなく」←ありでしょう。塾通が日常の一部になっている場合も含みますかね。

「成績をあげたい」←頑張れ!

それでも受講が必要かとうかをいまいち決めかねている人方に、私が考える「夏期講習会を受ける意義」を書いてみました。

スポンサーリンク

夏期講習会を受けると、こんなことが可能に

●入試問題の傾向や対策を知ることができる

センターや入試の過去問で傾向を把握するために、夏に塾の夏期講習会を使うのはありだと思います。

なぜなら、志望校の入試やセンター試験の過去問を(夏くらいまでには)一度は解いておくことが望ましいからです。ぜひ赤本を見てもらいたいです。

過去問チェックは大事!

過去問を解くことで、

・どんな問題が出て、
・自分がこれからどんな対策をしないといけないか、
・今の自分の実力はどれくらいなのか

を確かめることができ、これにより現状が見え、勉強の方針やスケジュールが決まっていくものです。

こういったことは、模試の判定よりも、自分で解いてみたほうがずっと現実が見えてくると思います。ゴールが見えないまま計画を立てても、うまくいかないですよね。

過去問を見ないままだと、

全ての範囲をカバーしきれていなかったり、入試問題に直結しないことを始めてしまったりしていることに気が付かないまま、いつのまにか時が過ぎて入試シーズンに・・・!!(いやだ~~!)

そうならないためにも、先に入試の傾向をつかみ、勉強計画を立てることはとても大切なんです。

◆とはいっても!

・過去問を夏には解いておくべきというのは分かったけど、一人だと集中できない
・過去問やらないといけないのは分かっているけど、なかなか重たい腰が上がらない

という人も多いと思います。
(実際、私がそうでした。自分でやろうとすると、モチベーションが上がらず、しかも眠気が押し寄せてしまっていました)

そんな人は、思い切って「センター対策」「〇〇大英語」などと大学名が入った夏期講習会をとるのもいいんじゃないでしょうか

こういった講義では、センターまたは大学の過去問や予想問題を扱うことがほとんどです。講師の解説を聞きながら過去問研究ができるようなモンです。

また、塾の先生は入試対策のプロだったりするので、「この大学はこういうところを問いやすい」「最近はこういう傾向にある」といったことを授業の中で解説してもらえる可能性が高いです。

●問題を解く要領をつかめる

次のような悩みがある人も、塾の夏期講習会を受けてみる価値はあると思います。

・長文読解をどのような順番で、どのように考えて解いたらいいか分からない…
・和訳問題や記述問題にどう取り組んだらいいかわからない…
・単語や文法にどうむきあったらいいか分からない…

問題の解き方、取り組み方、英文の読み進め方。こういったことは、授業の解説でわかってくるようになったりもします。

上記の上2つ(長文について)は「長文読解」系の講座を
3つ目に関することは「単語」もしくは「文法」系の講座をとるといいでしょう。

「自分のペースで進めたい!」という人は、スタディサプリを活用してもいいかもしれません。

スタディサプリ

スタディサプリは、
・月額980+税で講座を見放題
・収録なので、戻ったり、倍速でみたりと、自分のぺースで受けられる
などのメリットがあります。

14日間のお試し無料期間があるので、気になる人は試してみては?

〈参考記事〉
塾より圧倒的に安い「スタディサプリ」(14日間無料お試しあり)
スタディサプリ公式サイト

夏期講習会を受講するさいの注意点!

授業で「わかった」の落とし穴

苦手な長文読解も、授業を聞いたら理解できてしまうのではないでしょうか。

「わかった!」と思うのは、とてもいいことです。

しかし、授業で聞いて「分かる」のと、「自分で解ける」のは別なんです。

当然のことながら、復習を疎かにしてしまうと、その授業を受けた意味がなくなってしまいますよね。

「わかった」ことを、いかにしてそれを自分で使いこなせるまでに持っていけるかが勝負どころとなります。

また、授業でひとつ文章が読めたとしても、その根底にある「語彙力」「文法の知識」「長文を読む力」は、自分で地道に日々の努力によって頑張って身に付けるしかありません

いくら評判のいい講習会や授業をうけたとしても、文法の知識があいまいだったり、単語をろくに覚えていないようでは、成績があがることはないと心得るべきででしょう。

講座をたくさん申し込むことの落とし穴

上でも述べた通り、

英語の成績アップには、授業の復習に加え、文法・単語・長文読解の力をコツコツを上げていく努力は必須となります。

これらは自習で行うことですよね。

授業中に講師の解説を聞いている時間は、自分ではそれほど考えていません。講師が分かりやすく説明してくれればそれだけ、「へー」と分かることが増えると思います。

が、それを自分のものにするのは、自習の時間です。
自分で考え、覚え、読む練習をしていきます。

ところが、夏期講習会を「あれも」「これも」とたくさん申し込んでしまうと、自習の時間を十分にとることができなくなってしまいます

たくさん時間を使って授業を受けて、ノート(板書)も大量にとったけど、一番肝心な夏に身につけたことは・・・あれ?(´;Д;`)

なんてことにならないようにするためにも、夏期講習会は必要なものだけを取るようにする! いくつも申し込んで自習の時間を取れないのは本末転倒です。

悩んでいる時間はもったいないですよね。みなさんの決断のお役にたてましたら幸いです。

有意義な夏期を過ごしてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする