【大学受験 英語】実行できる勉強の計画の立て方とは

高校3年生になる前の春休みは「そろそろ本格的に受験勉強するぞ!」と受験の勉強計画を立てはじめる人も多いのではないでしょうか。今回は、よくありがちな「計画を立てたけど結局実行しなかった」とならないような、正しい勉強計画の立て方について、順を追って説明していきます。

スポンサーリンク

1.テスト・模試の成績と志望校の過去問をチェック

自分のいる場所と、目標とする大学の合格点ラインの間に、どれだけの距離があるのかを把握することが目的です。

過去問で確認するのは、合格最低点や出題傾向・出題形式(作文?リスニング?)など。
(参考→【大学受験 英語】過去問っていつ見ればいいの?

その足りない部分を埋めていくことが、合格につながってきます。

2.すべきことをリストアップ→優先順位を把握

すべきことをリストアップしてみましょう。

例えば、こんな↓具合で。

 【英語】
・シスタンで単語を覚える!
・ネクステを回す!
・関係詞の克服(「Forestでさらいなおす)
・英作文の対策(教材の名前)
・リスニング対策(教材の名前)
・長文読解対策(教材の名前)
・〇〇大過去問研究(赤本)

優先すべきは、

①配点が高い科目
②自分が苦手な分野

です。②が①にもあてはまる場合、それは最も優先すべき頃とみるべきでしょう。

3.長期的な計画を立てる

まず気を付けたいのが、科目によっては早く手をつけないと間に合わないものがあります。英語がそうですね(数学なんかも)!

単語・文法の知識を入れてから、長文読解で時間内に解答できるようになるまでに結構時間がかかります。入試に記述式の問題やリスニングがあるならなおさら。英語が苦手な人は、夏までには基礎固めを完成させておきたいところです。

さて、英語は後回しにできないことを分かっていただいたところで、長期の計画の立て方ですね。

長期計画では、季節単位でいいので大まかな指針を決めます。

【例】
〇春(~5月)
…単語を覚えまくってシスタン2週/文法の知識を全範囲学習する
〇夏(6月~8月)
…文法の苦手分野の克服/長文に読み慣れる/英作文用に例文を暗記する
〇秋(9月~11月)
…記述(和訳・内容説明)に慣れる/センターの解き方を攻略する
〇冬(12月~2月)
…センター過去問集/過去問の演習/英作文の対策(添削)

4.中期的な計画を立てる

次は、もう少し短いスパンの1か月単位で、より具体的な計画にしていきます。部活や学校の定期テストなども考慮して作成しましょう。

【例】
〇3月
シスタン・・・1周する!
ネクステ・・・品詞・文型・時制・受動態・助動詞・仮定法までわかるようにする

上の【例】で「変なところを太字にするなあ」と思ったかもしれませんが、「あえて」です(笑)。

スポンサーリンク

というのも、やることのみを書くと、作業化してしまってその目的を見失ってしまう恐れがあります。

そこで、「(〇月までに)〇〇できるようにする」とCAN DO式に書くようにすることをお勧めします。こうすることで「なぜこの勉強をするのか」と目標がはっきりとしますし、それを達成できた自分への励ましにもなります

5.短期的な計画を立てる

そして、1週間ごとの計画を立てます。

【例】〇月×日~△日:
ネクステp.〇~p.〇 / シスタン〇番~×番(毎日100語ずつ)

予定はずれてしまいガチなので、毎日びっしり予定を詰めて書くよりは、1週間で帳尻をあわせればいい、くらいにゆとりを持つことが大事。

【英語】受験勉強で計画倒れしないためのコツでも紹介していますが、調整日を作ることが大切。たとえば、毎週日曜日を予備日に充てて、その日を出来なかったところを挽回する日・その週の復習をする日(先に進まない)にします。

調整が効かないと、「今日コレができなかった。ズレた、もう計画が狂ってしまった~」となりかねません。

日によって、体調や用事のことで予定どおりにできたりできなかったりすると思います。その日できなかった分は次の日に頑張るなど、その週のうちに終わらせることは厳守するようにすれば問題ありません

6.一日のスケジュールを決める

どれくらいやるべきことがあるのかを把握したところで、最後に一日のスケジュールを決めましょう。

平日・土曜・日曜(調整日) ※調整日は他の曜日でも可。

と3パターンほど作るといいですね。円グラフや帯グラフに書いてみると見やすいです。

その際、

・就寝時間
・朝(通学前)の勉強時間
・学校・塾の時間
・夕方の勉強時間
・夕飯・風呂
・寝る前の勉強時間

を視覚的に一日に使える時間が分かるようにしておくことで、「なんとなくダラダラしてしまう」といった事態を防げます。

自分が一日にどれくらい勉強できるのかをしっかり考えて、目標の達成に役立つ計画にしていきましょう。

興味があれば、併せてこちらも参考にしてみてください。
【英語】受験勉強で計画倒れしないためのコツ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする