2017年センター試験 追試験【英語】を解説!(第3問・第4問)

「前年度の追試の解説がなかなか見つからない」と思い、2017年センターの追試験の解説を書きました。前回の第1問・第2問に引き続き、今回は第3問・第4問の解説を掲載しています。

スポンサーリンク

第3問(会話・不要文削除・要約)

A 会話問題

問1:正解=②

マイクとキャシーが買い物を終えて帰ろうとしているときの会話。

空所の前でマイクが
It’s pouring. (土砂降りだ)
We’ll get all wet, even with an umbrella.(傘をさしてもびしょ濡れになっちゃうよ)
と言っているのがヒント。

これに対して最も適当なのは,②「雨がやむまでここで待ちましょう」です。

問2:正解=①

テリーは買い物リストが見当たらなかったから買い物できなかったと言いますが,ジョーはテーブルに置いたと思ったと言っています。ここまでを踏まえて,空所の後を見てみると,「テーブルを片付けないと,必要なものを見つけられないよ」とテリーと言っています。

この流れにあうのが,①「こんな紙だらけの中でどうやって見つけろっていうんだ」です。

B 不要文削除問題

問1:正解=③

冒頭で書かれているように,カフェインが体や健康に与える影響についての文章です。このテーマをしっかりと覚えておいてくださいね。

①カフェインの目を覚ます効果
②カフェインがもたらす効果はほかにもある,というつなぎの文。
③カフェインは飲み物に苦みを加えるためにも使われる
④カフェインの取りすぎは健康トラブルが生じると警笛を鳴らす国もある

この中でテーマに関係ないのは,「体・健康への影響」に触れていない③ですね。

問2:正解=②

フランス料理が16世紀に大きく変わり始めたという出だし。そして最後にこれがフランス料理誕生の話だとあるので,問1のように「テーマ」→「具体」というわけではなく,順を追って説明するタイプみたいですね。ストーリーのつながりがおかしい文を探せばいいわけです。

①Catherineなんとかという女性がイタリアからフランスに移った時にプロのコックたちを一緒に連れてきた。
②フランスはどこもたくさんの種類の美味しいチーズやワインが地元の人々に作られていた。
③彼らはフランス料理をさまざまな風にアレンジしたが,新しいフランス料理は貴族に限られていた。
④1700年代末期のフランス革命の結果,貴族に雇われていたそのコックは職を失い,そのため普通の市民のためにレストランを開いた。

貴族に雇われていたコックたちが市民にも料理を提供するようになって,それがフランス料理として広まったんですね。

つまり,キーとなるのはcooks(コックたち)。この中で話がつながっていないのは,コックについて書かれていない②。②を外すと③のTheyはcooksを指し,前後がうまくつながります。

問3:正解=③

物を捨てるのは嫌いで,整頓していつでも使えるようにして持っておきたいという人もいる,というテーマ。

これを覚えておいて,ケンタがばあちゃんの家の年末掃除を手伝ったときの話を読んでいきます。ばあちゃんちには不要と思われるものが大量にあったそう。ここからが下線。

①ばあちゃんは包装紙をきれいにたたんで,リボンも一緒に保管していた。
②薬の容器やボタンのスペアや,糸やひもの切れ端も紙にぐるぐる巻いてとっていた。
③慈善金を作るために売ろうとしている珍しいコレクターのアイテムがいくつかあった。
④すべてのものが整理整頓されており,必要な時はいつでも使えるようにしてあった。

これは明らかですね,仲間はずれは「売ろうとしている…」と、「ため込み」とは逆のことを言っている③しか考えられないです。

C 意見要約問題

「農場での体験実習」がテーマでした。実習の後に行われた最初の授業で,生徒たちが自身の体験を話して共有しています。

【 32 】メラニーの体験談です。

●メラニーはtraditional farming(伝統的な農業)に興味があり,昔のやりかたを取り入れている農家で実習した。

そこの農家の昔ながらのやり方=人口化学薬品は使わず,いろいろな作物を同時に植える(作物の病気や害虫被害を防ぎ土壌の質を保てる)

とても近代的な技術も取り入れていて驚いた(例:水やりをいつやるかを決める機会を導入するなど)

選択肢を見てみると,正解は①「古い農業技術と新しい農業技術の合体」ですね。ほかの選択肢は「まとめ」とはいえません。間違っているし。

②→化学薬品は使わないので間違い。
③→コンピュータソフトウェアの最新化や開発なんて話はない。
④→昆虫を使うなんて書いてない。

【 33 】ベッカー教授がIt seems that you both[ 33 ](あなたたち二人とも[ 33 ]のなね)といっているので,2人の発言の中から共通点を探します。

●エリック:自分の化学の知識が役に立つなんて! 将来は農場で働きたい。
●アン:食の安全に関心があり,現代の技術は野菜の安全を損なうことなく管理できることが分かった。この体験を通して,農業は将来の仕事として魅力的だと気づいた。

だから正解は③「今では農業を将来の職業候補として考えている」です。

①→商品の安全を心配しているのはアンだけ。
②→小さな農場でたくさん稼いだ話はしていない。
④→農業に化学の知識を使ったのはエリックのみ。

【 34 】大規模農場に行ったデビットの話。

ベッカー教授が「農場の規模にかかわらず,農家は[ 34 ]」と言っているので,これまでの小規模農場の話と共通する点を探します。

デビットの話は,「土地が広く水や薬品をどこにまいたか分からなくなっていたが,今はナビゲーションシステムでそれを管理できる」という内容。よって④「現代の技術を利用する」です。

第4問(グラフ・広告)

A  グラフ

第4問Aで問われるのって、だいたい

・グラフ・または表の穴埋め
・本文またはグラフに関する設問
・この文章の要旨
・本文の続きにくると思われる内容

ですよね。

今回は問1が表についてみたいなので、その内容にぶち当たるまで本文を読み進めます。

スポンサーリンク

第1段落で、睡眠不足が若者の健康や活動に及ぼす影響の研究に関連して、ここでは若者が就寝前にとる行動とその就寝時に与える影響について書かれていることが分かります。

第2段落では、2000人以上の被験者で実験を行い、寝る前の行動パターンを3つにカテゴリー分けしています。

第3段落で表についての説明なので、ここから(A)~(B)を埋めるべく慎重に読んでいきます。

問1:正解=②

表の穴埋めなので、表1が何を表しているかが知りたいですよね。

第3段落のあたまにTable 1 shows … と説明があります。
表は「寝る90分前に行う共通の行動と,その行動をとった被験者のパーセンテージ」を表したものとのこと。

その次の文に,
watching televisionが最も多く,which was followed by two activities belonging to Self-care time(それに続くのが,2つのセルフケアタイムに属する行動)とあります。

よって(A)はセルフケア系。

選択肢を見ると,(A)はBrushing teeth(歯磨き)かeatingですが,eatingの説明は数行下に別に出てきますし,歯磨きはセルフケアの行動なので答えは①か②に絞られます。

Although~の文の内容「これら2つの行動(Changing clothとBrushing teeth)のパーセンテージはWatching televisionの数字に近いが,その次の行動eatingの数字はガクッと落ちる」より、(B)がeatingだとわかります。たしかに,(B)は29%と上の項目との開きがありますね。

でも,ここではまだ解答が絞れません・・・

さらに次の文に「reading(読書)はshowering(シャワー)より数字が低いようである」とあるので,shower > readingとなる②が正解ですね。

問2:正解=①

文章とFigure 1について正しい記述を選ぶ問題です。

Figure 1 shows … の前にある段落ですが,私は飛ばさずここも読みます。ただ,今回は読まなくても解答はできます。

Figure 1 shows …の段落とFigure 1(子供と10代の若者の行動の傾向と就寝の遅さごとの平均時間の比較)によると,

・1文目:10代の若者のほうがscreen(画面)を長く見て過ごし,一方で子供はセルフケアの時間が長かった。
・2文目:どちらのグループも,画面を見る時間が長いほど就寝が遅くなる傾向がみられた。
→3文目:よって,画面を見る行動を減らすことを目指せばよいのではないか。

Figure 1 でも,Screen timeの値が高いほどVery lateとなっており,同様の内容が見て取れます。

これを踏まえ選択肢を見てみると,

①「子供は10代の若者にくらべ画面を見ている時間が少ない傾向にある」が正しいとピンとくすはず。(いきなりキター!)

念のためほかの選択肢も確認しておくと,

②→早く寝る子供は,画面を見ている時間が10代の若者より長い!?一番ありえない。
③→10代のほうが子供よりセルフケアの時間が長い?逆なのでダメ。
④→どちらの年代も,画面を使わない行動をとる人たちはより遅く寝る傾向がある。遅く寝るのは画面を見ているほうなので違う。

問3:正解=①

この文章の目的は?ですか・・・

ここまでの内容がだいたい頭にはいっているので,すぐに選択肢を見ていきましょう。

①寝る前の行動と就寝時間の関連を説明する。(うん,あってる気がします)
②なぜ人々の寝る習慣は画面を使わない行動に邪魔されるのかを説明する。(何いってるんだか)
③夜に画面を使った行動をとることは健康に悪影響があると示す。(健康への悪影響については触れてない)
④セルフケア行動の数値の増加は夜更かしにつながる(寝るのが遅くなるのは画面を見る行動)

よって①ですね。

問4:正解=③

次に続く段落として適当なものを選ぶ問題です。

Through this study…からはじまる最後の段落を読んでみます。

In order to 以降に「寝る習慣をより詳細に調べるためhow long they actually spent sleeping(どれくらいの長さを寝ているか)も調べる必要がある」とあります。

選択肢を見てみましょう。

①「批判的な反応」でなくて
②「早く寝るように促すアドバイス」でもなくて
③「寝る前の行動が若者の寝る時間にどう関係するか」。寝る時間に触れているのでこれのようです。
④早く寝る人と遅く寝る人の画面を見る時間を比べた研究のディスカッション・・・・あ~違う

よって③が答えです。

ふう。第1段落から挿入句やら何やらが挟んであって読みづらかったと感じた人もいるかもしれません。おつかれさまでした。

B 広告文

問1:正解=④

私は、4Bを解く際はまず設問を読みますね。
ここは「Tarrigun Macadamia Farmlandについて正しいのはどれか」という問い。
で、右の広告ページを見るとTarrigun Macadamia Farmlandって広告のタイトルじゃん!しょうがないので広告上半分の本文を読み、問1の選択肢をみます。

①vegetables(野菜)のことなんて書いていなかったので誤り。
②Natural Raw Nutsは第2段落3行目にneither A or B(AもBも~ない)とあり、ローストも味付けもされていないということなので誤り。
③第2段落に「開業15周年記念を祝うためにオンライン販売を始めた」とあり、これと勘違いさせたがっているのが見え見え。
④の「やりたければ、直接木からナッツを収穫する体験ができる」は、第1段落の最後の文に「農地に来て自分でナッツを取ることができる」に一致します。

広告の本文を落ち着いて頭に入れておけば、(たいていは)選択肢を一回読んだだけで答えを1つに絞ることができます。

問2:正解=③

表の下に送料・手数料10ドルとあります。「予算」が合計20ドルと設問文にあるので、送料分を引いた10ドル分ほどナッツを買えるということになります。選択肢にすべてTwoとあるので、2つ買うとすると、予算内で買えるのは③の1 pack が4ドルのNatural Raw Nutsのみです。

問3:正解=③

online delivery(オンライン配達)について正しいものを選ぶ問題。
表の下にある注意書きにも目を通すと、先ほどの送料以外は、International shipping(国際配送)の手数料と運送時間についての問い合わせはメールか電話で、といったことしか載っていません。
なので、分かりやすいですね。正解は③「国際配達についてのメールでの質問を受け付けている」です。

表の下の注意書きまでしっかりチェックしましょう!

さて、何問正解できたでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする