苦手だった英語の点数が飛躍的に上がった人に共通すること

英語ができなかったのに、今では高得点がとれる!

そんな人に共通していることがあります。そしてそれは疎かにされがち。ここでその重要性を再確認して、しっかり取り組んでいきましょう!

英語の得点を上げた人が力を入れた事は、ズバリこれ!

①英語が苦手な人向け

「英語が読めなかったが読めるようになった」。そんな人が力を入れたのが、

単語です!

もちろん、基礎的な文法知識も重要ですよ、英語のルールですもんね。ただ、文法は学校や塾の授業でしっかりと教えてもらえますよね。

一方で!単語は基本的に自分で勉強します。

だからあまり身につかないやり方で勉強してしまったり、やめちゃったり・・・と、ないがしろにされがちです。

「文法は大事!」と言われて、文法問題集をやる。それはいいけど、そこに出てくる単語が分からない!という人は、まずは一文一文を読めるたけの単語力をつける必要があります。

ここで単語を疎かにしてしまうとどうなるかを、日本語でシミュレーションしてみましょう。

基本的な言葉をしらないという設定で、次の文章を読んでみてください・・・
(「知らない」設定の単語は塗りつぶしてあります)

確かに、入試では文法問題より長文読解のほうが量も配点も多い。しかし、それに焦って長文読解の演習ばかりしても、成績がのびるわけがない。まずは、ある程度の単語力と中学レベルの文法知識を付けることが先決だ

いかがでしょうか。知らない単語が多いと、内容を読み取れません、「前後の文脈から推測」でなんとかなる問題ではありません。

今度は、語彙力が付いているという設定で同じ文章を読んでみましょう。

確かに、入試では文法問題より長文読解のほうが量も配点も多い。しかし、それに焦って長文読解の演習ばかりしても、成績がのびるわけがない。まずは、ある程度の単語力と中学レベルの文法の知識を付けることが先決だ。

これくらいの塗りつぶしなら、「単語力と中学レベルの文法力を付けることを勧めているんだな」と推測できますね。(塗りつぶした言葉は「先決」です)

このように、単語がないと、文法・読解などほかの分野をどれだけ頑張っても、入試に太刀打ちできないのです。

②文法はそこそこ分かるけど、読解問題で点が伸びない人

文法は大体できるけど、読解で点が伸びない。そんな人も単語力が足りないことが原因である可能性が高いです。(単に英語を読むスピードが遅いということも考えられますが)

理由のひとつとしては、(当たり前ですが)単語が分からないことで、先ほどの虫食いの文章のように文章の意味が理解できないから。

そしてもう一つの理由としては、選択肢の選び間違いを招きやすいことにあります。

長文読解問題の「本文の内容に一致するもの」を答えさせる問題では、正解の選択肢は本文の内容を別の表現に置き換えて載せています

つまりは、内容一致問題を落とす人は、選択肢の内容が言い換えられているので、それが本文の内容と同じであることが分からないのです。とある単語が別の言い方に変えられていたために、正解できなくなってしまうんです。

長文読解も、結局は語彙力が決め手となってしまうと言っても良いでしょう。

最後に

単語に力を入れることで、

単語が分かる

長文が読みやすくなる/文法の問題文も読める

長文の内容を楽しめる

点数が上がる!!/ 英語が楽しくなる

と、必ず成績に表れてきますし、英語に対する気持ちも変わってきます! ぜひ単語だけはしっかりと覚えていってくださいね★

単語を勉強するやり方は、単語帳を使ったり英文を音読したりするなどありますが、これはまた別のページで紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする