【大学受験 英語】文法用語アレルギーから抜け出す方法

英語が嫌いなに人は「文法用語がダメ」という人が多いようですね。でも文法用語に執着する必要はないと思います(もちろん、多少の文法用語はいりますが)。この記事を読んで、文法用語に対する考え方を「覚えなければいけないもの」から「軽く流していいもの」と考えられるようになると、英語の学習がスムーズにいくようになるかもしれません。

スポンサーリンク

文法用語はそれほど重要ではない

文法用語よりも大事なこと

「日本語の授業かよ」ってくらい、文法用語で固めた授業をする先生もいると思います。その内容を理解しようとする段階でギブアップする人も続出・・・と皮肉な結果になってしまうことも。

「文法用語アレルギーなんです」という生徒にも何人も会いましたが、そういう人たちに言いたいのは、(説明で何回も出てくる主要な用語を除いては)日本語の漢字を無理やり覚える必要はないということです。

文法用語という日本語を覚えるよりも、その文法がどうやって使われているのか、そのルールを理解することのほうが大事です。ルールが分かったら、とっとと文法の問題集で理解できているのかのチェックに移ってしまいましょう。

スポンサーリンク

覚えたほうがいい用語・覚えなくてもいい用語

・覚えたほうがいい用語

ただ、英語を習得するにあたっては、品詞(名詞・形容詞・副詞など)は知っておいたほうがいいと思います。国語でも出てくる言葉なので、これは大丈夫かな。

それから、文法の単元のタイトル(文型、時制、関係詞、仮定法、動名詞、不定詞 など)や、関係性を表す主格・目的格なども、意味は知っていたほうが授業や参考書・問題集の説明を理解しやすいので、勉強はしやすくなると思います。でも・・・、

関係詞の単元に出てくる「限定用法・継続(非限定)用法」あたりからは、言葉自体はしらなくても、この形やルールさえ理解してしまえばなんとかなっちゃいそうです。

もちろん、授業や参考書で普通に使われているので知っているに越したことはないのですが・・・

「どうしても受付けない」というなら、そのルールだけを理解し、そのうえで例文を何度も読むなどして覚えてしまえばよいのではないでしょうか。

・覚えなくていい用語

「限定詞」とか「ネクサス」とか「タフ構文」とか、「連鎖関係詞」とか・・・
ここまでくると、もはや知らなくていいと思います。

この辺から頭が痛くなってきそうです。。実際、私は今の塾の仕事に就くまでは、これらの4つの用語は知りませんでした。(なので、これらの詳しい説明はここでは行いません)

必ずしも「文法用語を知らないけど、文法は理解している」という人はたくさんいるわけです。文法用語でなく英語の形・ルールの方に目を向けるようにしてみましょう。

文法アレルギーから脱するためには

「文法用語がムリだから英語勉強したくない」ということだったら、もしかしたら、それは今使っている教材を変えてみると変わるかもしれません。

文法用語を必要最小限しか使わない参考書も多く存在します。
例えば、関正夫著の「世界一わかりやすい英文法の授業」。

こちらは、文法のルールや文中にどういう役割をするのかにフォーカスして説明してくれます。難しい言葉はそれほど使っていません。

こちらもあわせてお読みください→【英語】「世界一わかりやすい英文法の授業」(関正生)の特徴と使い方

こういった、自分が勉強できそうな教材を選択して勉強してほしいと思います。
教材が文法用語を使いまくって分かりにくかったせいで、英語が嫌いなままで受験に落ちた!なんてことになったら目もあてられません。

文系でも理系でも、英語は入試で重要な受験科目です。
英語の配点が高く設定されている大学も多いです。

日本の専門家が作った日本語の用語のために、「英語」の勉強がおっくうになるのはもったいないです。

文法用語が嫌いな人でも、英語に向き合いやすくなる参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする