【大学受験 英語】高1からスピーキング対策に力を入れるべき?4技能のバランスとは?

大学入試改革で英語の試験が「4技能」となりました。

新たに加わったスピーキング試験に向けて、高1の皆さんは対策をあれこれと考えていることだと思いますが、英語の勉強のバランスを誤ってしまうと、かえって身につきにくくなってしまうのではという懸念の声もあります。

そこで今回は、スピーキング対策の重要性と4技能のバランスについてを書いてみました。

スポンサーリンク

入試にスピーキングテストが導入される

大学入試改革の一環で、英語は、2020年度から今までの試験ではなかったスピーキング力の試験が加わりReading、Listening、Writing、Speakingの4技能が課されます。

受験生は入試で

大学入学共通テスト(センター試験の後にできた試験)
民間試験(実用英語技能検定(英検)、TEAP、GTEC、TOEFL、TOEICなど)

の両方を受験することになります。

そのため、今や塾や予備校、その他の英語教材を提供する企業による、様々なスピーキング対策用のサービスが提供されるようになりました。

そんな中で、高校1年生のみなさんには、限りある時間の中で入試に対応できる英語力を身に着けるためにも、スピーキングにどれだけの労力を割くべきなのかを一度考えてほしいと思います。

スピーキング対策に偏ると英語力が伸びない!?

スピーキングの対策としては、主に発音練習をしたり、会話のフレーズを覚えたり、積極的に話す練習をすることなどが挙げられます。

もちろん準備なしで試験本番に思い通りに話すなんて不可能なので、こういった練習は必要なことは確かです。

でも、逆に考えると、

発音ができて、会話のフレーズを覚えていて、積極的に話す姿勢を身に着けていれば、それは英語ができると言えるでしょうか??

肝心な伝えることの「中身」は、文法・単語・リーディングといった基礎の積み重ねのもとに成り立つものです。

スピーキングが加わるからと言って、その分ほかを削っていいものではありません。

「話せるのがかっこいい」し話題になっているからといって、スピーキングに偏った勉強を続けてしまうと、英語の読み書きすら満足にできないまま入試を迎える恐れがあると言われています。

スポンサーリンク

バランスの良い4技能の勉強とは

会話よりも文法・語彙・リーデングが大事

入試で単語・文法・読解が主であることは皆さんも知っている通りですが、

大学で、プレゼンの前段階では英語の参考文献など読んで情報収集することが必須となります。

さらに、「グローバル化に対応できるようにコミュニケーション英語を!」と言い出したビジネス界においても、実際よく使うのが

メールのやり取り
ネットや文書からの情報収集

です。

通訳者で立教大学名誉教授の鳥飼玖美子さんは、『本物の英語力』『英語教育の危機』などの本も執筆されており、会話よりも文法・語彙・リーデングをしっかりやるべきと注意喚起をしています。

メールのやり取りでは、大人としてメール文を正しく書くための文法やメールを素早く返信するため相手のメールの内容を読み取る読解力が必要であることにとも鳥飼さんは言及されていました。

「4技能をバランスよく」とは4技能を均等時間やることではない!?

一番避けたいのは、「スピーキング」対策に力を入れ、単語・文法・リーデングが疎かになってしまうことです。

今までの繰り返しになりますが、会話のフレーズを覚えても、肝心な伝える内容を英語で表すことができなければ、挨拶・自己紹介・相づちを打つなどの薄っぺらいやりとりしかできないでしょう。

中身のある英語を伝えるためには、単語・文法といった基礎を固め、それらが実際に使われている文章でそれらの使われ方を学んでいくといった基本姿勢は常に大事で、けして疎かにしてはいけない分野です。どうしてもここに時間をさかざるを得ないと思います。

スピーキングが加わって4技能になったからと言って、それ以外の勉強が相対的に減るということはありえません。

東京大学 文学部 准教授の阿部公彦氏は、自身の著書のなかで

「英語の運用は、それぞれの技能が連携を通してこそ作り出されるもの。
『4技能均等』とのかけ声をもとに学習時間を均等にしたりするのはばかげている。」

といったこと述べています。

参考:「なぜスピーキングテストで、スピーキング力が落ちるのか?」(『検証 迷走する英語入試』(岩波ブックレット))

よって、英語を話すことが苦手だからといって、高校1年生のうちから必死にスピーキングを頑張るのは、順番が違うと思います。

英語の受験勉強時間を総合的にみても、「4技能バランスよく」と言われますが、スピーキングに割く労力は4つの中では比較的少なくなりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする