勉強法一覧

【英語の勉強】言語学者が力説!「多読で劇的に英語を伸ばせる」

「英語ができない」と嘆くのは、読む量が全然たりていないから。ここでは「多読」で英語力を伸ばせるという考え方やすでに実践されている取り組みを紹介するのですが、皆さんのイメージにある苦行のようなものではありません。「多読」は英語力に関係なく「誰でも」「楽しく」できるものなのです。

受験なのに夜眠れない?!ぐっすり眠って日中勉強に集中するための習慣6つ

「夜寝つきが悪い」「睡眠不足」「眠れないことがストレスになって余計に眠れない」…という受験生は必見です。夜の睡眠が不十分だと日中の勉強に集中できませんよね。大事なのは、睡眠ホルモンの分泌を促すこと。その方法は超簡単!毎日の生活の中で意識的に実践し、ぐっすり眠れる体に整えましょう。

【大学受験】6時間寝ないと勉強の効率が落ちる?理想の睡眠時間を知る方法とは

テスト前に「3時間しか寝てない」「徹夜した」などというやり取りを聞きますが、、睡眠は勉強の効率に大いに関係してくるため、受験生は最低でも6時間は寝ることをお勧めします。その理由は、ひとつにレム睡眠・ノンレム睡眠の役割と周期にあります。それを踏まえつつ、何時間寝るのが理想なのかを考えみましょう。

【大学受験 勉強法】苦手を克服する人が必ず実践している3つのステップ

「勉強で苦手なところがあるけど、ついついそのままにしてしまう」という悩みを持っている人は多いと思います。ここでは、苦手克服のために実践すべき3つのステップについて紹介しています。これは英語の勉強に限らず何でも応用がきくので、ぜひ意識して実践してみてください。

【大学受験 英語】文法用語アレルギーから抜け出す方法

英語が嫌いなに人は「文法用語がダメ」「アレルギー反応がでる(?)」という人が多いようですね。でも文法用語に執着する必要はないと思います(もちろん、多少の文法用語はいりますが)。この記事を読んで、文法用語を「覚えなければいけないもの」から「軽く流していいもの」と考えられるようになるかも。

【大学受験 英語】復習はいつやるの?記憶の定着率がアップする方法とは

「単語帳を使っているのに,英単語がなかなか覚えられない」,「効率が悪い気がする」,「どう回せばいいのか分からない」という人は必見の情報です! 単語帳はエビングハウスの忘却曲線を意識して取り組むだけで記憶の定着率がよくなり,覚えられるようになります。

【大学受験】勉強の「やる気」を起こす確実な方法とは?!

「勉強しないといけないけど、やる気がでない」ということ、ありませんか。やる気がでないことに焦りを感じている、でもやっぱりやる気がでない。 そういう時に、やる気を出す方法が・・・「作業興奮」の作用を利用するというものです。 科学的にも証明されており、学習指導でもこの話をされたりもするようです。