【大学受験 勉強法】10秒でできる!目標を確実に達成できる方法

「勉強しないと!」と思っていても、机につくのが億劫だったりして、ずるずると時間だけが過ぎていってしまいう・・・

そんな受験生に ぜひ試してもらいたいことがあります!

ある本の著者によると、

目標を立てていながらも なかなか行動に起こせずにいても、たったの10秒でできる ある工夫によって行動に移せるようになるんだそうです。

10秒の行動で目標を達成できるとしたら、これはやらない手はないと思いますよ♪

スポンサーリンク

「ぶっとんだ目標」でも「10秒アクション」で達成できる

「先延ばしは1冊のノートでなくなる」の著者・大平信孝さんによると、「ぶっとんだ目標」を設定し、それを達成するために「10秒アクション」というものを設定し、実践する。そうする実現できるのだそうです。

10秒アクションとは、名前の通り10秒でできる行動のことです。

目標の設定は、ずっと先のことのように思えたり、遠く感じたりしてしまって、なかなか継続して努力できなかったりしがちです。

それを、目標の方ではなく、10秒ですぐにできる行動をすることにフォーカスすることで、目標達成のための行動をとるように仕向けるのだそうです。

なるほど。行動に移しやすくなりそうです。

例として、大平さんのエピソードをあげておきます。

著者・大平さんの話

大平さんは、東京マラソンを完走するため、週に3回は公園に走りに行こうと決めたらしいのです。

でも「今日は眠いし」などと理由をつけて、あまり走れていなかったそう。

そこで大平さんは、10秒アクションとして「靴を履く」と決めました。

靴を履くと、

とりあえず家から出てみようという気になり(靴を脱いで部屋に戻る、とはならなかったそうです)。
家を出ると、ぶらぶら歩いてみようという気になるので、

そこから公園で走ってみようというところまで持っていけたのだそう。

こうして、マラソンの練習の習慣化に成功し、東京マラソンを完走できたそうです。

その他にも、大平さんは「『ベストセラー作家になりたい』というぶっとんだ目標を立てたけど、達成しちゃったな」と言われていましたね。そりゃ、この本が売れましたもんね。

ここで、10秒アクションの設定にあたってのポイントは、

・すぐに簡単にできること
・10秒アクション自体は面倒ではないこと

です。

先ほどの話だと、10秒アクションは簡単にできる「靴をはく」でした。これが「公園に行く」だと、ハードルがあがってしまって行動に起こせなかったりします

そして、もう一つ大事なのは、

その10秒アクションを「習慣化」すること。

そのささいな行動の積み重ねを継続することで、目標が達成するのですから、1度きりだと効果がないのは当たり前ですよね。

私も、日常生活に10秒アクションを取り入れてみたので、紹介しておきます。

私 舞薗の話

まったくぶっとんでない事で恐縮ですが、「睡眠時間をきちんと取りたい」と思っていたんですが、なかなかできていませんでした。

家に帰るのが遅いですし、疲れてもいるので、布団の上に座ってしまうとそこから動けなくなってしまうんです。

すると、風呂に入る時間が遅くなり、寝るのが遅くなってしまうという、よくある話です。

布団に座ってそのままメールチェックしたり、本を読んだり、テレビを付けたりする日にゃぁ・・・自己嫌悪に陥りますよ、ほんと(泣)。

体温をさげて寝る準備が整うようにするためにも、やはりお風呂は早めに入るようにしたい!

そこで設定した10秒アクションは、「風呂の蛇口をひねってお湯を出す」こと。

玄関で靴を脱いだら、部屋に入る前に風呂場に行って、蛇口をひねってお湯を出すようにしたんです。(1Kで、風呂場が玄関と部屋の間にあるので、部屋に入る前にちょっと寄れるんです)

蛇口をひねってお湯を出すのって10秒でできますよね。

一回お湯を出してしまえば風呂に入らざるを得なくなるので、布団の上でうだうだする時間がなくなりました(このまま習慣にできるように頑張りますw)。

こんな小さなことにでも10秒アクションは使えます。
いや~でも睡眠時間は大事ですから馬鹿にできませんよね!ほんと!

スポンサーリンク

受験にも10秒アクション!

みなさんも、受験で志望校に受かることを目標にしていると思います。日々の勉強に関することでなかなか実行できていないことがあれば、10秒アクションをやってみませんか?

たとえば、単語帳を見ていない・・・というのであれば

「1日10分単語をやる」ではなくて、

(駅のホームに立ったら)単語帳を開く」

などの10秒ですぐできることを決めてみてはいかがでしょう? 単語帳を開いたら、単語覚えますよね(閉じて鞄にしまったりしないですよねw)

以上、目標がぶっとんでいても、それにつながる行動をとり続けていれば達成できる!そう思わせてくれた大平さんには感謝です。

10秒アクション、みなさんもぜひ取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする